株ウォーカーニュース

トレードで勝つ方法を研究し実践しています。なかなか思うようにいかないのが投資の世界ですが成功だけでなく失敗も含めて諸々記事にしています。

下がらない株

下がらない株...そんな株あるの?とお思いでしょうが、実はあるんです。
先日、株が主婦の間ではやっている、そしてあるデイトレーダーの主婦の独占取材の模様がTVで放映されました。
その方は株の銘柄、会社の業績には興味が無いようですね。
信用取引はやられていないようで、とにかく上がる株上がる株を探すと言っていました。
今上がっている株や、売買高が多い株は、多くのネット証券のツールで見ることができるようになりました。
そこから売買する株をピックアップするのでしょう。
売買はまさに1ティックを狙いにいくという感じで、67円買い、すぐさま68円で売り注文...こんな取引を繰り返していました。
ただし必ずしもうまくいくとは限らず、塩漬けになっている株が多数あるとの事。
損切りができないとデイトレードでは成功しません。
そもそもこのデイトレード、慣れれば多少は変わるのですが、やり始めは、銘柄選びから、値動きを常に見る必要があるため、一般社会人には不可能です。
それをカバーするスイングトレードなどもありますが、要は下がらない株を買えばいいのです。
下がらない株を買えば、値動きを注視する必要はありませんし、売りたくなったら売ればいいだけです。
下がらない株とは...
そう「手厚い株主優待を行っている株」です。
当たり前の結論に、なんだそんなのあたりまえじゃんと思われてしまいそうです。
しかし、これが現実なのです。
手厚い株主優待を行っている銘柄は簡単に見つかります。
雑誌にも載っていますし、株主優待のHPはたくさんあります。
また、ヤフオクでの株主優待券の落札単価を見るのもいいでしょう。
ヤフオクでの単価を調べるには、こちらのページが便利です。
オークション統計ページ(仮)
http://aucfan.com/
たとえば、ファミレス系、ほぼどの年間24000円の優待券が発行されます。
私はフォルクスを持っています。
たとえば、航空産業、運賃が半額になる優待券が年1回~2回発行されます。
これは50%OFFの優待券が、ヤフオクに出した場合、大体1万円弱で落札されます。
旅行業者がいつもチェックしていますので、確実に落札されます。
よく下がったところを買う、ナンピン買いというのがありますが、これは購入単価の平均値を下げるために用いられます。
同様に優待券も購入単価の平均値を下げることが出来るのです。
年間24000円の優待券...10年もらえば240000円。
もちろんそこまで持つ必要は無いのですが、確実に購入単価を下げることができます。
また万一下がったとしても、優待でカバーできますし、また下げは限定的なケースがほとんどです。
優待狙いの固定客?がついていますから。
そんなわけで、まずは優待が手厚い株を買うことからスタートしてみてはいかがでしょう?
私は、フォルクス、JALなどをもっています。
フォルクスやJAL、ANAはもちろんのこと、エイベックスやマンダム、松屋なども狙い目かと思います。
初心に戻って一度御確認を!

コメントを残す

*
*
* (公開されません)

Return Top