株ウォーカーニュース

トレードで勝つ方法を研究し実践しています。なかなか思うようにいかないのが投資の世界ですが成功だけでなく失敗も含めて諸々記事にしています。

JAL株主総会レポート

jal_soukai.jpg今日は午前中にJALの株主総会に行って来ました。
会場は、赤坂見附のホテルニューオータニです。
JALの株主総会の受付や会場の整理には、スッチーと思われる方がかりだされていて、また丁寧に挨拶してくださるので恐縮してしまいました。
とても綺麗な方がそろっていました。
話がそれました...。
入場の時には、おみやげが渡されました。
おみやげは、500円分のJAL特製の図書カードでした。写真はこちら

株主総会は10時に開始されました。
最初にJALの兼子社長の挨拶があり、その後スクリーンを使って、本年の概況説明が行われました。
JALは今期は、SARSの影響や、テロでの情勢不安などがあり、国際路線で大幅な赤字。
国内線は、国内線に強いJASとの統合により、基盤をかためつつあるものの、連結決算では大幅な赤字となりました。
ナレーションの間も重苦しい雰囲気が漂います。
概況説明は30分ほどで終わり、10時30分過ぎあたりから、質疑応答へと移りました。
ここでは、厳しい質問が続出。
私が乗ったときに予約の席と違った。クレームを言ったのに手紙もよこさない。など個人的な内容の質問もありましたが、
今回最も厳しく追及されたのは、無配転落の責任と役員慰労金でした。
今期JALは、無配に転落しました。しかし同じ航空業界のANAは黒字で配当を出しています。
またJALは赤字にもかかわらず、役員退職に慰労金を出そうとしています。
ANAは慰労金は廃止する議案が今回の株主総会で提出されたそうです。(ANAも今日株主総会でした)
この点は何人もの方からも非常に厳しく追及されました。
また、株主優待のメリットが少ない、予約も取りづらいといった意見や、ホテル業務は赤字なのになぜ続けるのか?といったなるほどという意見も出ました。
また途中、事故の新聞記事をつらつらと読み上げ続ける質問者が出て、質問時間を大幅にオーバーしマイクを切られていました(>_<)。
そして挙句の果てには退場させられていました。
また、JALは(東京ディズニーランドの)オリエンタルランドのスポンサーなのですが、ミュージカル(?)の質が低下しているがクレームは出さないのかなど、本当に様々な意見が飛び出しました。
株主総会が、株の売買には直結しないのですが、非常に面白い内容で、また経営者の直の意見が聞けたことは貴重でした。
様々な厳しく、難しい質問にもかかわらず、議事進行役の兼子社長は的確に回答しており、さすがと思わせました。
結局12時30分過ぎまで質疑応答は続き、最後は決議をとって、全ての議案が可決されて終了しました。
株主総会の生の声公開します!(mp3 - 9分)生々しいやり取りが聞けます。
株主総会の雰囲気をどうぞ。

コメントを残す

*
*
* (公開されません)

Return Top