株ウォーカーニュース

トレードで勝つ方法を研究し実践しています。なかなか思うようにいかないのが投資の世界ですが成功だけでなく失敗も含めて諸々記事にしています。

結果は失敗、でもプロセスは成功

フォルクスの株を売却した事を先日書きました。
結局フォルクスは売ってしまいました。
でもそれはどうやら失敗だった様です。
売却後、小幅ながら上昇をし続けています。
なにより失敗を決定づけたのは、どんの以下の発表。

ステーキレストランをチェーン展開する、どん(埼玉県鶴ケ島市)は、25日に締め切った
フォルクス株式の公開買い付け(TOB)によって議決権ベースの出資比率を47%強に高めた。
大株主のローソン、UFJ銀行もTOBに応じたもようだ。
どんは市場でフォルクス株をさらに買い増し、同社を子会社にする方針だ。

どうやらまだ市場で買い増すようです。
株価は上昇を続けそうですね。
明らかに結果は失敗なのですが、あえてプロセスは成功といっておきましょう。
結果は誰にもわからないものですから、結果を云々しても仕方ないのです。
今回のケースでは、フォルクス株をHOLDし続けることについて、リスクを感じ、迷いが生じたのですから、そこで売ったのはプロセスとしては正しいと思うのです。
迷いが生じたら手仕舞い。
これは相場の金言だと思います。
迷いが生じた時点で勝負は終わっているのです。
迷いは優柔不断をまねき、決断を損ねます。
迷っている間に相場が自分の利益がでない方向に動き、どうにも動けなくなった例を数多く見ています。
そうなってしまうと、ほぼ全員がロスカットできず株を塩漬けにしてしまいます。
それは実質的に株式相場から撤退することを意味します。
だから迷いが生じた時点で売った、今回のフォルクス株の売買は成功だと思います。

コメントを残す

*
*
* (公開されません)

Return Top