株ウォーカーニュース

トレードで勝つ方法を研究し実践しています。なかなか思うようにいかないのが投資の世界ですが成功だけでなく失敗も含めて諸々記事にしています。

とりあえずためし玉を入れる

GWも終了。
相場も本格的に開始となりました。
今日は復帰の意味もこめ、ためし玉を入れてみました。
ためし玉をいれ、相場の感覚を掴もうということです。
銘柄は日産自動車を選択。
1000円台と割安に放置されているので、今後日経平均が11800円くらいまで回復すれば
1200円ぐらいまでの上昇は見こめるだろうと思っています。
自動車関連株はPERが10倍台前半の低PERの業種となっています。
今後の成長が難しいと見られているのかもしれませんが、
まだまだ中国市場、インド市場などターゲットは見こめます。
取りあえず日産自動車(7201)、買い100株からスタートです。
そんなかんなしていたらTOYOTAが純利益1兆円越えの最高益を更新したとのニュースが流れる...。
上昇のはずみになるでしょうか?

純利益1兆1712億円 トヨタ、3期連続で最高益
 トヨタ自動車が10日に発表した2005年3月期の連結決算(米国会計基準)は、最終的なもうけを示す純利益が前期比0・8%増の1兆1712億円となり、過去最高を更新した。2期連続の1兆円超えで、最高益は3期連続。円高ドル安や鋼材価格高騰などの減益要因を、海外での販売増や合理化で吸収した。
 決算期の違いなどで単純比較は難しいが、新光総合研究所の世界企業の純利益ランキングに当てはめると13位となる。
 東京都内で記者会見した張富士夫社長は「(為替対策など)グローバルに戦略を変換し、着実に実行してきた」と述べ、強気の海外戦略の成果を強調した。
 トヨタ単体の純利益は9・0%減の5293億円で減益だが、配当は市場重視を明確にするため連結決算の好業績を考慮し、年間で前期比20円増の65円と大幅に増やした。

コメントを残す

*
*
* (公開されません)

Return Top