株ウォーカーニュース

トレードで勝つ方法を研究し実践しています。なかなか思うようにいかないのが投資の世界ですが成功だけでなく失敗も含めて諸々記事にしています。

乗馬メモ - 6月12日

今日は乗馬の日。
カーリープリンスに騎乗。初顔合わせです。
今日の成果。
手綱だけで軽早足ができるようになった。
鐙にはつま先を乗せて、膝を曲げて、踵を下ろす。
手綱は短く持つと乗りやすい。
カーリーは反応がよく、乗りやすかった。
思ったように動いてくれると気持ちイイ!
また乗れるといいなぁ。
個人メモです。
騎乗時の注意ポイント

  • 視線は前に。下を向かない。
  • 足が前に行かないようにする。つま先に体重かけるのかな?

あと間隔をあけて乗っているせいか、馬装のやり方を忘れてしまう。
不器用だし、困った...。
復習しておこう。
  1. 馬を馬房から出すときは引き手と頭絡を持っていく。頭絡は一箇所止めるところがあるよ!
  2. 鞍を乗せる時は、ゼッケン、ジェルパッド、鞍の順に。馬の肩に乗せる。乗せたら右に腹帯を下ろす
  3. 腹帯をしめるときは、外側の止め具を使う。真ん中は使わない。ひもを一本内側に通す。
  4. 水勒を付けるときは、頭絡をはずし(鎖は外さない)、馬の顔を右手で抱え込むように抑えて、つける。まずハミを咥えさせてから、耳に通して付ける。2箇所止めるところがあるよ。確かヒモを下に通す?
  5. 手綱を首から抜いて、鐙を下ろす。鐙の長さを調節したら、内側のヒモを引っ張り金具を上まであげる。腹帯を確認する。
  6. 馬の手入れは、乗る前は根ブラシと鉄爪で、乗り終えた後は、それにタワシ。
  7. 終わったら頭絡をつけて鞍を下ろす。鞍を下ろす前に腹帯を乗せる。足に水をかけて、タワシで洗ってあげましょう。蹄の泥も落として!鉄爪で蹄の中の泥を掻きだして、水もかけて洗い流す。最後タオルでふき取りましょう。
  8. 洗い終わったら、引き手をつけて馬房に戻してあげましょう。頭絡を取り忘れずに。

コメントを残す

*
*
* (公開されません)

Return Top